アイドリング・ストップ

この頃では、ガソリン代がすっかり高くなってしまって、少しでも節約をしなければすさまじく苦しい具合ですよね。
「アイドリング・ストップ」を実践して居ます。

トラックやバスなどはすっかりお馴染みですが、通常車でわざわざ停止のときにエンジンを切っている人はあんまり居ないようです。
信号待ちとかってすぐ発進するのに、止めて意味覚が在るの?と思っちゃ居ますよね。

でも、5秒以上アイドリング・ストップをすれば節約効パワーが出るんだとか!

節約する為には、ある具合歳月連続運転させた方がいいケースと、こまめに切った方がいいケースとあってややこしいんですよね。
たとえば、発熱電球なんかは車と同じで何度も付けたり消したりする方がいいみたいです。

これに対して、蛍光灯は付けるときに多めに電力消費するらしく…困難ですね。

みぎりで、アイドリング・ストップ。オートマ車でこれをする時には、必ずパーキングに入れなおすようにしましょう。
Pに入れてい無いとエンジンがかかりませんからね。始動した後はドライブに含める。

この仕事量暇が必須なので、交差点の先頭部に居るときには少し余裕をもってエンジンを付けた方がいいかもしれません。
これがちょっと面倒なんです。
まぁ、「塵も積もれば山となる」。少しずつ節約していきます。
車の買取りの見積りを検証してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です